会陰切開を避けたいのなら・・・

  • 2018.09.25 Tuesday
  • 17:36

「会陰切開はイヤ!」

 

という妊婦さんは多いと思います。

 

ちょっとネット検索してみると

 

「会陰切開 恐怖」

「会陰切開 痛み」

 

など、ものすごい量の情報にビックリ…

 

まあ、アソコをチョキンと切るなんて、

イヤ!と思うのは不思議ではないですよね。

 

ただ、会陰切開をすすめるお医者さんを

敵のように見るのは間違いです。

 

お医者さんはみんな、赤ちゃんを健やかに出産できることを目指してくれています。

会陰切開もその一つです。

 

ただ、本来会陰の筋肉というのは

おそらく体の中でいちばーーーんよく伸びる筋肉ですから

(助産師さんに聞いたら、赤ちゃんが生まれる時は、

赤ちゃんの頭の髪の毛が透けて見えるくらいうすーーーーく伸びるそうです)

切らなくてもちゃんと赤ちゃんは出てくるはず。

 

でもなぜ会陰切開をするのか。

 

それは、本来伸びるはずの会陰が

カチカチに縮んでいる人が多いからです。

 

カチカチに縮んだ会陰の人が、会陰切開をしないとどうなるか。

人によっては会陰がめちゃくちゃに避けてしまいます。

 

そうなると、会陰切開をしたときよりも縫合がむずかしくなるので、

結果切開した人よりも回復が遅くなります。

 

もし会陰切開を避けたいのなら、

お医者さんにNO!というのではなくて、

妊娠中に会陰の伸びをよくしておくことです。

 

会陰の伸びを良くしておくと、

会陰切開をしたとしても

とても回復がよくなります。

 

きらくかんでは今年、ビックリするほど簡単に、

会陰をやわらかくする方法を発見しました!!

手で行なうマッサージも必要ナシ!です。

 

このブログで紹介したいところなのですが

人によってちょっとコツが変わるので

簡単バージョンをちょこっと紹介。

 

椅子にテニスボールを置いて、タオルを載せて

その上に座ります。

会陰(膣と肛門の間)にボールが来るように座るのがコツ。

腰を立てて、姿勢良く座りましょう。
そこでゆっくり深呼吸を5回。
それを数回繰り返しましょう。
ちゃんと知りたい人は、ぜひきらくかんでからだレッスンを受けてみてくださいね。

 

もう生まれていい時期に入ってからやってみてね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

からだクリエイトきらくかん

体の使い方を変えて不調を改善する整体トレーニング「からだレッスン」。

新宿三丁目・八王子北野にスタジオ、

横浜・京都・大阪でもレッスンしています。

からだマスターコース体と心を実感しながら学ぶからだマスターコース、各地で開催! 詳しくはHP http://www.kiraku-kan.com/

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM