妊娠中のマイナートラブル解消法 腰痛その5「恥骨が痛い」

  • 2019.05.07 Tuesday
  • 09:30

妊娠後期や産後に出てくる腰痛の中に

 

「恥骨が痛い」

 

という腰痛があります。

 

恥骨が痛い妊婦さんはおなかが前にせり出していて

恥骨におなかが乗っています。


恥骨に赤ちゃんが乗っているのは

赤ちゃんの収納スペースが足りないから。

 

仙骨が縮んだままだったり

体側ラインの筋肉が縮んでいたりしていると思います。

 

このブログで紹介している仙骨ストレッチで仙骨を拡げましょう。

体側ラインを伸ばすエクササイズは逆子のところで紹介したエクササイズがおすすめです。

 

それからもう一つは立つときの体の使い方のクセ。

 

恥骨を前に突き出すようにして立つクセのある人は

恥骨痛になりやすいと思います。

猫背で、首が前に出ている人は、バランスをとるために恥骨を前に出しやすいので

頭を引っ込めて背筋を伸ばしてみてくださいね。

 

よくおなかが前に出ていると、赤ちゃんは男の子って言ったりしますが

それ、関係ないです(笑)

エクササイズや姿勢の改善をすると

おなかの中に赤ちゃんが収納されて、みるみるおなかが引っ込んできます。

 

産後の恥骨痛は、ちょっと深刻なものもあります。

 

恥骨剥離、といって、左右の恥骨が離れてしまうと本当に激痛です。

ただ恥骨剥離は、妊娠中の体づくりで防ぐことができます。

仙骨を伸ばして、骨盤を拡げておくこと、

そして、テニスボールを使って、会陰を伸ばしておくこと。

赤ちゃんの出口がしっかりと拡がっていれば、恥骨が離れることはないからです。

 

産後いつまでも恥骨が痛いという人は、腰を丸めて立つクセのある人です。

産後の骨盤は後傾しやすく、腰が丸まりやすいので、気をつけましょう。

特に授乳姿勢は大切。べッドの上であぐらをかいて授乳、は

腰が丸まり、そうすると支える筋肉のスイッチが抜けるだけでなく、

首や肩も凝りやすくなります。

ベッドの授乳は真夜中だけにして、それ以外は椅子に座って腰を立てて授乳したほうが

骨盤のためにも、肩こりのためにもずっと楽です。

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

からだクリエイトきらくかん

体の使い方を変えて不調を改善するパーソナル整体トレーニング「からだレッスン」。

新宿三丁目・八王子北野にスタジオがあり、

京都・大阪でもレッスンしています。

からだマスターコース体と心を実感しながら学ぶからだマスターコース、各地で開催! 詳しくはHP http://www.kiraku-kan.com/

ブログで紹介しているエクササイズについて

このブログでは、産前産後の不調を改善するエクササイズをいろいろ紹介しています。 動画を見ながらできるようなものにアレンジしていますが、 通常のからだレッスン(パーソナルトレーニング)では、ひとりひとりの、その時のお体に合わせてエクササイズをアレンジしています。 自分の、今の体にあったエクササイズを知りたい方は、ぜひきらくかんにいらしてくださいね!

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM