筋力があっても、赤ちゃんが下がっている時は

  • 2018.08.08 Wednesday
  • 19:50

赤ちゃんが下がる、

頸管が短くなる、

尿漏れがする…

 

多くの場合は、

支える筋肉がお休みしてしまっていることから起こりますが、

 

筋肉はそこそこ働いている、

なのにこうなる、というケースがあります。

 

動きを観察させてもらうと、共通した理由に気がつきます。

それは

「腹圧のかけ方」。

 

息を吐く時に下に向かってはくクセがあります。

 

「エ?吐くんだから下に向かうのは普通でしょ?」

 

そう思っている方が多いようですが、

体の中の空気は口から出ていくわけですから、

肺から口に向かって、上に吐きます。

体の中の筋肉も上に向かって動きます。

 

ところが、筋肉を下に向けてしまうクセがついていると

腹圧を下にかけてしまって、

赤ちゃんが下がったり、尿漏れしたりしてしまうのです。

 

腹圧を下にかけるクセがある人は、

初動にぐっと力むクセがあります。

「よっこいしょ!」がその代表例。

気合を入れて、さあ、立ち上がるぞ!

という力みが、腹圧を下にかけてしまうのです。

 

さて、ではどうしたら、下に腹圧をかけないで動けるか。

 

口から、細く、やさしい息を吐き始めてから動くと

ぐっと力むことが防げます。

 

細くやさしい息を吐くコントロールは

筋肉を上に向けて動かす筋肉の使い方なのです。

 

そして、それはインナーマッスル、

支える筋肉を働かせる息の吐き方でもあるんです。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

からだクリエイトきらくかん

体の使い方を変えて不調を改善する整体トレーニング「からだレッスン」。

新宿三丁目・八王子北野にスタジオ、

横浜・京都・大阪でもレッスンしています。

からだマスターコース体と心を実感しながら学ぶからだマスターコース、各地で開催! 詳しくはHP http://www.kiraku-kan.com/

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM